読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eye-Fi mobi を使ってみた

Eye-Fi社のSDカード「Eye-Fi mobi」を使ってみたときのメモ。

1.Eye-Fi mobi とは

Eye-Fi社が2013年6月に発売した WiFi機能搭載のSDカード。
デジカメで撮影した写真を保存するのはもちろん、WiFi機能を使って撮影した写真をスマホ等に自動転送することができる。

Eye-Fi社はこれまでにもWiFi機能を搭載したSDカードを開発してきた。
レビュー記事(【レビューモード】デジカメで撮影、即Instagramれる「Eye-Fi Mobi」が超お気に入り : ギズモード・ジャパン)によれば、「Eye-Fi mobi」は、従来製品「Eye-Fi Pro X2」と以下の点で異なるらしい。
・RAW画像の転送ができなくなった
・PCへの転送ができなくなった
・初期設定が簡単(ステップ数が従来と比べて半減 + PCがいらない)
・画像の転送が高速化(どれぐらい速くなったかは不明)

デジカメからスマホorタブレットへの簡単&高速な転送に特化している、という感じ。

写真をデジカメで撮る → 友人と共有するため、とりあえず写真を携帯に送る → 携帯の容量がいっぱいになったら、古いものをPCに移す
というフローで写真を管理する人(自分)にはちょうど良いかな、と思って購入。

2.使ってみた感想

いろいろ試してみたところ、以下のような使い方は問題なくできた。

・撮影した写真をスマホに自動転送する。
・自動転送中にスマホWiFiをOFFにして、しばらく後でONにする。
・自動転送中にデジカメの電源をOFFにして、しばらく後でONにする。

「撮影した写真を確実にスマホorタブレットに転送する」という点では、信頼できそう。
ちなみに、デジカメとスマホの間に壁がなければ、4-5m 程度離れていても問題なく転送してくれた。

一方で、以下のような使い方はできなかった。

・撮影した写真を、複数スマホに自動転送する。
・以前に自動転送した写真を、もう一回転送。
・撮影した複数の写真のうち、1つだけ選んで転送。

1つ目と2つ目はできなくてもいいけど、3つ目はできて欲しかった。
「(旅行中などに)写真をたくさん撮って、そのうちのいくつかだけをすぐに友人と共有したい」場合に、かなり時間がかかってしまう。旅行先では、電池の心配もある。

3.まとめ

期待通り、デジカメからスマホへの自動転送は便利だった。
また、転送中にトラブルがあったときでも、最終的にはちゃんと転送してくれるのは嬉しい。

今回の記事とは関係ないけど、最近のデジカメはWiFi機能を内蔵していることが多い。
Eye-Fi社がどうやって差別化していくのか、楽しみです。